コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川亀三郎(2代) なかがわ かめさぶろう

1件 の用語解説(中川亀三郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川亀三郎(2代) なかがわ-かめさぶろう

1870*-1928 明治-大正時代の囲碁棋士。
明治2年12月生まれ。15年囲碁結社の方円社にはいる。34年6段。初代中川亀三郎の養子となり,中川千治を名のる。40年方円社を脱退し,42年囲碁同志会を結成,2代中川亀三郎をつぐ。大正元年方円社に復帰し,4代目社長となる。10年8段。13年日本棋院の創立にくわわる。昭和3年12月15日死去。60歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。旧姓は石井。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川亀三郎(2代)の関連キーワード治安維持法製糸業日本科学史グリフィス稲垣浩松竹(株)戦争文学奈破崙開拓使コッペリア

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone