コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川儀右衛門 なかがわ ぎえもん

1件 の用語解説(中川儀右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川儀右衛門 なかがわ-ぎえもん

1763-1830 江戸時代後期の製紙家。
宝暦13年生まれ。文化3年から江戸で紙すきをはじめ和唐紙(わどうし)の製作に成功した。文政12年には縦18m,横9mの特大紙をすきあげ,宝来紙と名づけ評判となった。文政13年10月20日死去。68歳。山城(京都府)出身。号は朝正亭義楽。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川儀右衛門の関連キーワード民衆を導く自由の女神ビュート伯ニューフランスラルサ石上私淑言滑稽本鏡花縁森川竹窓西部開拓史武者小路千家

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone