コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和唐紙 ワトウシ

百科事典マイペディアの解説

和唐紙【わとうし】

唐紙(からかみ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和唐紙
わとうし

中国の唐紙(とうし)に似せて製造された紙。大判の和紙で、襖(ふすま)紙などに使用された。文化・文政(ぶんかぶんせい)年間(1804~30)に、京都の中川儀右衛門なる者が江戸の深川に製紙工場を設け、宝来紙(ほうらいし)と名づけた紙を漉(す)き出したのが始まりである。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和唐紙の関連キーワード唐紙(とうし)

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android