コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川宋淵 なかがわ そうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川宋淵 なかがわ-そうえん

1907-1984 昭和時代の僧,俳人。
明治40年3月19日生まれ。臨済(りんざい)宗。昭和6年山梨県の向岳寺で得度。のち静岡県三島竜沢寺の山本玄峰(げんぽう)の法をつぐ。24年から渡米をかさねアメリカで禅道場をひらく。飯田蛇笏(だこつ)に師事,俳禅一如の俳句をつくった。昭和59年3月11日死去。76歳。山口県出身。東大卒。本名は基(もとし)。句詩文集に「詩龕(しがん)」。
【格言など】菜の花やさらに抛(なげう)つものもなし(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川宋淵の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門スペースシャトル飛行記録日本郵便制度史(年表)野上弥生子鈴木志郎康朝鮮映画ツイ・ハーク新派劇ニュー・カラー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android