中川宋淵(読み)なかがわ そうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川宋淵 なかがわ-そうえん

1907-1984 昭和時代の僧,俳人。
明治40年3月19日生まれ。臨済(りんざい)宗。昭和6年山梨県の向岳寺で得度。のち静岡県三島竜沢寺の山本玄峰(げんぽう)の法をつぐ。24年から渡米をかさねアメリカで禅道場をひらく。飯田蛇笏(だこつ)に師事,俳禅一如の俳句をつくった。昭和59年3月11日死去。76歳。山口県出身。東大卒。本名は基(もとし)。句詩文集に「詩龕(しがん)」。
【格言など】菜の花やさらに抛(なげう)つものもなし(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android