コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中平重虎 なかひら しげとら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中平重虎 なかひら-しげとら

1855-1912 明治時代の殖産家。
安政2年4月29日生まれ。明治11年高知県幡多(はた)郡楠島(くすしま)村長となる。水害のおおい中筋川沿いの低地に兵庫県豊岡町から水につよい行李柳(こりやなぎ)を移植。これを原料に製造された行李(こうり)は土佐幡多柳行李として特産品となった。明治45年6月26日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中平重虎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android