コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村人生 なかむら じんせい

1件 の用語解説(中村人生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村人生 なかむら-じんせい

1911- 昭和時代後期の町長。
明治44年7月27日生まれ。生家は滋賀県能登川(のとがわ)の老舗(しにせ)製菓商。映画会社にはいり,日中戦争,第二次大戦に出征。戦後,家業の再興に失敗して自由労務者となる。昭和37年能登川町長に当選。自由労務者からの転身でニコヨン町長とよばれながら10年間つとめ,町財政を再建した。神崎商業卒。本名は甚誠(戸籍上は甚試)。著作に「ニコヨン町長奮戦記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村人生の関連キーワード井口貞夫(2)北山愛郎黒沢義次郎小山清中垣国男平野三郎舩橋求己星克宮崎伝左ヱ門村形友治

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone