中村人生(読み)なかむら じんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村人生 なかむら-じんせい

1911- 昭和時代後期の町長。
明治44年7月27日生まれ。生家は滋賀県能登川(のとがわ)の老舗(しにせ)製菓商。映画会社にはいり,日中戦争,第二次大戦に出征。戦後,家業の再興に失敗して自由労務者となる。昭和37年能登川町長に当選。自由労務者からの転身でニコヨン町長とよばれながら10年間つとめ,町財政を再建した。神崎商業卒。本名は甚誠(戸籍上は甚試)。著作に「ニコヨン町長奮戦記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android