コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村伝七 なかむら でんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村伝七 なかむら-でんしち

?-1725 江戸時代中期の歌舞伎役者・作者。
5代中村勘三郎の弟。初代中村伝九郎の門弟となり,中村仁左衛門を名のる。正徳(しょうとく)3年江戸中村座ではじめて作者として名があらわれた。4年より中村伝七の名で作者専業となる。せり出しなどの大道具を考案,舞台装置を工夫した。享保(きょうほう)10年9月27日死去。俳名は角止。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中村伝七の言及

【回り舞台】より

…舞台中央の床を大きく円形に切って,その上に飾った装置をおいたまま回転させる。《歌舞妓事始》によると,正徳・享保期(1711‐36)に江戸で活躍した狂言作者中村伝七は,いろいろの珍しい大道具を考案して,見物をおどろかせたが,その中に〈ぶん回し〉というのがあった。これは舞台の上にもう一つ四角い台をのせ二重舞台を作り,その下に車をつけ,回すときは道具方が3,4人出て,棍棒で押しやって回した。…

※「中村伝七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中村伝七の関連キーワード長谷川勘兵衛(6代)中村清五郎(2代)古今役者論語魁歌舞伎役者回り舞台浅間物

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android