中村修(読み)なかむら おさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村修 なかむら-おさむ

1844*-1915 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)14年11月25日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。細野要斎にまなぶ。幕末には尊王派として活躍。維新後,宮内省御用掛,東京・函館の裁判所検事をへて,明治22年初代名古屋市長。大正4年6月6日死去。73歳。初名は政和。通称は修之進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村修の関連情報