コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村円太 なかむら えんた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村円太 なかむら-えんた

1835-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年9月6日生まれ。中村用六の弟。中村恒次郎の兄。筑前(ちくぜん)福岡藩士。安政3年藩校修猷(しゅうゆう)館の訓導となる。尊攘(そんじょう)派に属して脱藩をくりかえし,京都や長州で活動する。元治(げんじ)2年1月26日博多で自刃(じじん)した。31歳。名は無二。号は東州,李不言斎。
【格言など】君か為め尽すこころは知らぬ火の筑紫の海に身は沈むとも(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村円太の関連キーワード江上栄之進左座謙三郎中村用六小藤平蔵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android