無二(読み)むに

精選版 日本国語大辞典「無二」の解説

む‐に【無二】

〘名〙
① (形動) 同じもの、同等のものが他に一つもないこと。並ぶもののないこと。またとないこと。また、そのさま。無双無比
※平家(13C前)二「我等が二の丹誠を知見して、一々の懇志を納受し給へ」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② (形動) ふたごころのないこと。裏切る心を持たないこと。ならびなく忠義であること。また、そのさま。
※太平記(14C後)五「入道頓て戸野が語ひに随て、我館へ宮を入進らせ、無二の気色に見へければ」 〔春秋左伝‐僖公一五年〕
※政談(1727頃)四「夫より某が父と無二になり、『御用に可立者也』と陰にて云たりと」
④ 仏語。時間・空間を超え、変化・無変化もなく、有でもなく無でもない、対立を超えた世界。また、その認識。不二(ふに)
※往生要集(984‐985)大文一〇「明尋常念相者、此有多種。大分為四。〈略〉四無相業。謂雖称念仏、欣求浄土、而観身土、即畢竟空、如幻如夢、即躰而空、雖空而有、非有非空、通達此無二、真入第一義、是名無相業」
⑤ (形動) 「むにむさん(無二無三)③」の略。
※仮名草子・身の鏡(1659)上「男の切懸(きっかけ)を違へぬによって、無二(ムニ)に討ち果す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無二」の解説

む‐に【無二】

同じものが他に一つもないこと。並ぶものがないこと。「無二の親友」
[類語]無双無比無類唯一・比類の無い・類が無い・類を見ない・比べ物にならない・並び無い・例えようも無い・底知れない単数単一単独単身単発単品又と無い比類ない類いまれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「無二」の解説

【無二】むに

無比。無双。〔史記、准陰侯伝〕(通曰く)、足下西河(わた)りて魏王を(とりこ)にし、~を徇(したが)へ、を脅(おびやか)し、齊を定め、~西して以て報ず。此れ謂(いはゆる)天下に二無く、略(りやく)(計略)、不世出なるなり。

字通「無」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android