中村勘三郎(18代)(読み)なかむら かんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勘三郎(18代) なかむら-かんざぶろう

1955-2012 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和30年5月30日生まれ。17代中村勘三郎の長男。母は6代尾上菊五郎の娘。昭和34年5代中村勘九郎を名のって歌舞伎座初舞台幼時から天性の役者ぶりをみせ,父の没後はその持ち味を継承し,「鏡獅子」「髪結新三」などでたかい評価をえている。平成11年芸術院賞。16年菊池寛賞。17年18代中村勘三郎を襲名。平成24年12月5日死去。57歳。東京都出身。国学院大中退。本名は波野哲明(のりあき)。屋号中村屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android