コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡獅子 かがみじし

6件 の用語解説(鏡獅子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡獅子
かがみじし

歌舞伎舞踊曲。長唄。本名題『春興 (しゅんきょう) 鏡獅子』。 1893年3月東京歌舞伎座,9世市川団十郎初演。新歌舞伎十八番の一つ。福地桜痴作,3世杵屋正次郎作曲,振付9世市川団十郎,2世藤間勘右衛門

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがみじし【鏡獅子】

新歌舞伎十八番の一。舞踊劇長唄。本名題「春興(しゅんきょう)鏡獅子」。福地桜痴作詞、3世杵屋正次郎(きねやしょうじろう)作曲、2世藤間勘右衛門・9世市川団十郎振り付け。明治26年(1893)歌舞伎座初演。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鏡獅子【かがみじし】

長唄の曲名。3世杵屋正次郎作曲。福地桜痴作詞。1893年初演。本名題《春興(しゅんきょう)鏡獅子》。新歌舞伎十八番の一つ。9世市川團十郎が《枕(まくら)獅子》の傾城(けいせい)を大奥の女小姓に改めて作らせたもので《枕獅子》の影響が強い。
→関連項目杵屋正次郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かがみじし【鏡獅子】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題《春興鏡獅子(しゆんきようかがみじし)》。1893年3月東京歌舞伎座初演。9世市川団十郎ほか。作詞福地桜痴。作曲3世杵屋(きねや)正治郎。振付9世市川団十郎,2世藤間勘右衛門。原曲《枕獅子》の廓趣味を排除し,傾城(けいせい)を大奥の女小姓の役に変えて筋をつけ,後ジテは立役の能様式の獅子の精に改作した,明治期の高尚好みの作品。新歌舞伎十八番の一つ。前半は大奥の鏡曳きの余興に,御小姓弥生が踊るうちに,名匠の魂こもる獅子頭がのりうつり引かれて入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがみじし【鏡獅子】

歌舞伎舞踊の一。長唄。新歌舞伎十八番の一。本名題「春興しゆんきよう鏡獅子」。福地桜痴おうち作詞、三世杵屋きねや正次郎作曲。1893年(明治26)東京歌舞伎座初演。大奥の腰元が鏡開きの祝いに神前の手獅子を持って踊るうち、その精が乗り移る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡獅子
かがみじし

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『春興(しゅんきょう)鏡獅子』。福地桜痴(おうち)作・3世杵屋(きねや)正次郎作曲。1893年(明治26)3月、東京・歌舞伎座で9世市川団十郎が初演。「獅子物」の古典『枕(まくら)獅子』の歌詞を明治の高尚趣味に即して改訂、前シテを傾城(けいせい)から大奥の女小姓に、後シテを能仕立ての獅子の精に改めたもの。振付けは2世藤間勘右衞門(かんえもん)と団十郎の合作。大奥のお鏡曳(ひ)きの余興に女小姓弥生(やよい)が舞ううち獅子の精がのりうつるという内容で、前後のツナギに女童(めわらべ)姿の胡蝶(こちょう)の精2人の踊りがある。前半では、石橋(しゃっきょう)の物語を中心に川崎音頭(おんど)、飛騨(ひんだ)踊、二本扇の踊りを経て、手に持った獅子頭(がしら)に引かれて花道の引っ込みなど、後半では胡蝶の精をあしらって長い毛を振る豪快な「狂い」「髪洗い」などが見どころ。新歌舞伎十八番の一つだが、大正以後は6世尾上(おのえ)菊五郎の名演技によって屈指の人気舞踊になり、その後も多くの人によって演じられている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鏡獅子の言及

【石橋】より

…明治になると,能が一般大衆に解放され,能の演出を模倣した〈石橋〉があらわれる。後ジテの獅子の精が能装束と同じ大口・法被(はつぴ)に頭をつける形式で,《連獅子》《鏡獅子》などの作品があり,いずれも獅子の狂いを見せることに眼目がある。【西形 節子】。…

【枕獅子】より

…後ジテは女方の獅子の狂いとなる。この曲を改綴したものが《鏡獅子》で曲調は酷似している。石橋【西形 節子】。…

※「鏡獅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鏡獅子の関連キーワード石橋物二人椀久安宅松歌舞伎狂言素襖落本名題枕獅子奴道成寺高尾懺悔《春興鏡獅子》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鏡獅子の関連情報