中村吉右衛門(初代)(読み)なかむら きちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村吉右衛門(初代) なかむら-きちえもん

1886-1954 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治19年3月24日生まれ。3代中村歌六の長男。明治30年東京市村座初舞台歌舞伎座座付をへて名題にすすむ。41年6代尾上菊五郎とともに市村座にはいり人気を二分,時代物を得意とした。昭和22年芸術院会員,26年文化勲章。昭和29年9月5日死去。68歳。東京出身。本名は波野辰次郎。俳名は楓童,秀山。屋号播磨屋(はりまや)。著作に「吉右衛門自伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android