中村吉右衛門(初代)(読み)なかむら きちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村吉右衛門(初代) なかむら-きちえもん

1886-1954 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治19年3月24日生まれ。3代中村歌六の長男。明治30年東京市村座初舞台歌舞伎座座付をへて名題にすすむ。41年6代尾上菊五郎とともに市村座にはいり人気を二分,時代物を得意とした。昭和22年芸術院会員,26年文化勲章。昭和29年9月5日死去。68歳。東京出身。本名は波野辰次郎。俳名は楓童,秀山。屋号播磨屋(はりまや)。著作に「吉右衛門自伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android