コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村孝三郎 なかむら こうざぶろう

1件 の用語解説(中村孝三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村孝三郎 なかむら-こうざぶろう

1910-1994 昭和-平成時代の考古学者。
明治43年2月1日生まれ。独学で考古学をまなび,昭和11年近藤篤三郎とともに新潟県長岡市の馬高(うまだか)遺跡から火焔土器を発見。26年長岡市立科学博物館初代考古部長。石倉遺跡,卯ノ木遺跡など,新潟県下の100ヵ所をこえる遺跡の発掘調査にあたった。54年吉川英治文化賞。平成6年10月6日死去。84歳。新潟県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中村孝三郎の言及

【馬高遺跡】より

…とくに縄文中期中葉の土器のうち,口縁部に鶏頭冠とよばれる四つの大型突起をもち,器面を隆線文様で飾る独特な様式のいわゆる火焰土器がはじめて発見された地としても有名である。72年長岡市立科学博物館の中村孝三郎が遺跡範囲等の確認調査を実施し,ボーリング探査などによって200基以上の石組炉を発見,多数の竪穴住居跡をもつ大規模な集落跡であることを明らかにした。国指定の史跡。…

※「中村孝三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村孝三郎の関連キーワード八幡一郎森浩一甘粕健大塚初重工藤雅樹佐原真都出比呂志坪井清足西谷正水野正好

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone