コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村孝三郎 なかむら こうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村孝三郎 なかむら-こうざぶろう

1910-1994 昭和-平成時代の考古学者。
明治43年2月1日生まれ。独学で考古学をまなび,昭和11年近藤篤三郎とともに新潟県長岡市の馬高(うまだか)遺跡から火焔土器を発見。26年長岡市立科学博物館初代考古部長。石倉遺跡,卯ノ木遺跡など,新潟県下の100ヵ所をこえる遺跡の発掘調査にあたった。54年吉川英治文化賞。平成6年10月6日死去。84歳。新潟県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中村孝三郎の言及

【馬高遺跡】より

…とくに縄文中期中葉の土器のうち,口縁部に鶏頭冠とよばれる四つの大型突起をもち,器面を隆線文様で飾る独特な様式のいわゆる火焰土器がはじめて発見された地としても有名である。72年長岡市立科学博物館の中村孝三郎が遺跡範囲等の確認調査を実施し,ボーリング探査などによって200基以上の石組炉を発見,多数の竪穴住居跡をもつ大規模な集落跡であることを明らかにした。国指定の史跡。…

※「中村孝三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中村孝三郎の関連キーワード小瀬ガ沢洞窟室谷洞窟

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android