コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村康 なかむら やすし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村康 なかむら-やすし

1898-1956 昭和時代の眼科学者。
明治31年5月10日生まれ。昭和2年日本医大教授となる。WHOトラコーマ委員,日本眼科学会理事などを歴任。角膜移植に先鞭をつけ,角膜移植法の制定やアイバンクの設立につくした。昭和31年10月22日死去。58歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「角膜移植」「トラコーマ治療の実際」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村康の関連キーワードセカンド・オピニオン昭和時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村康の関連情報