コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村康 なかむら やすし

1件 の用語解説(中村康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村康 なかむら-やすし

1898-1956 昭和時代の眼科学者。
明治31年5月10日生まれ。昭和2年日本医大教授となる。WHOトラコーマ委員,日本眼科学会理事などを歴任。角膜移植に先鞭をつけ,角膜移植法の制定やアイバンクの設立につくした。昭和31年10月22日死去。58歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「角膜移植」「トラコーマ治療の実際」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村康の関連キーワード市川清井上達也大西克知黒沢潤三河本重次郎小柳美三須田経宇中島実畑文平甲野棐

中村康の関連情報