コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村春堂 なかむら しゅんどう

美術人名辞典の解説

中村春堂

書家。福岡県生。漢学者芳平の子。名は梅太郎、別号に耕心斎がある。才筆を宮中顧問官三浦安に認められ、すすめられて小野鷲堂の門に入った。寒香書道院をおこし門人の養成に努め、鷲堂流の継承者として重きをなした。昭和35年(1960)歿、93才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村春堂 なかむら-しゅんどう

1868-1960 明治-昭和時代の書家。
慶応4年7月3日生まれ。明治29年上京し内閣法典調査会につとめる。小野鵞堂(がどう)に師事,漢字とかなが調和した優美な書風をひろめた。大正5年雑誌「習字之友」,昭和8年「日本書道」を刊行。双葉高女,精華高女,日本女子大などでおしえた。昭和35年3月14日死去。91歳。福岡県出身。豊津中学卒。名は尚友。字(あざな)は玄卿。通称は梅太郎。別号に耕心斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村春堂の関連キーワード辻本 史邑小野 鵞堂相沢 春洋香川 春蘭昭和時代飯島春敬相沢春洋辻本史邑香川春蘭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android