コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野鵞堂 おのがどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野鵞堂
おのがどう

[生]文久2(1862).2.11. 駿河,藤枝
[没]1922.12.6. 東京
書家。本名,かん之助。号は鵝堂とも書く。 15歳で上京,大蔵省書記をつとめ,成瀬大域について漢学,書道を学ぶ。書はかなに力を注ぎ,鵞堂流を完成。東宮職御用係,女子学習院教授をつとめ,鵞堂塾 (斯華会) を開き,和様書道の振興に尽した。中村春堂ほか大正,昭和のかな書道界に多くの門人を送った。主要作品『古今集序』 (1890) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おの‐がどう〔をのガダウ〕【小野鵞堂】

[1862~1922]書家。静岡の生まれ。本名、鐗之助(かんのすけ)。和様の研究や書道の普及に努めた。特に、書の実用性と芸術性の融合を主張して、鵞堂流と称する独自の平明優美な書風を完成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野鵞堂 おの-がどう

1862-1922 明治-大正時代の書家。
文久2年2月12日生まれ。成瀬大域(たいいき)に漢学と書道をまなぶ。斯華(このはな)会をおこし,通信教育によって鵞堂流をひろめた。明治24年華族女学校(現学習院)教授。33年東宮御用掛。大正11年12月7日死去。61歳。駿河(するが)(静岡県)出身。名は鐗之助(かんのすけ)。字(あざな)は間金。別号に斯華廼舎(このはなのや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おのがどう【小野鵞堂】

1862‐1922(文久2‐大正11)
書家。静岡県藤枝に生まれる。本名は之助。成瀬大域に書を,恩田豹隠に漢学を学び,さらに上代様を研究し,平明でわかりやすい漢字,仮名の調書体を創始した。東宮職御用係,女子学習院教授を歴任。斯華会を主宰して書の普及に努め,その書は〈鵞堂流〉と世に喧伝された。明治~大正期の教育書道における功績を高く評価されている。【角井 博】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野鵞堂
おのがどう
(1862―1922)

明治・大正の書家。駿河(するが)国(静岡県)藤枝の武芸師範、小野清右衛門成命の男。名は之助(かんのすけ)。字(あざな)は間金(まがね)。鵞堂はその号。斯華廼舎(このはなのや)、二柳居主人の別号もある。少年のころ父と死別、上京して大蔵省の書記となり、家計を支えるとともに、苦学が結実してついに一家をなした。1890年(明治23)に『古今集序』を出版、翌年に華族女学校(後の女子学習院)に奉職して以来30余年間、終生精勤した。その間、明治・大正の上代様仮名復興の基盤となった難波津会(なにわづかい)(1890結成)に多田親愛(ただしんあい)、大口周魚(おおぐちしゅうぎょ)らとともに加わって活躍、自らは斯華会(このはなかい)を創設して書道興隆に努めた。その書風は古法帖(こほうじょう)、古筆などを独学した流麗平明な独自のもので、鵞堂流の名で喧伝(けんでん)された。[古谷 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小野鵞堂の関連キーワード中村 春堂工藤 壮平香川 春蘭相沢 春洋2月11日小野成鵞工藤壮平大谷籌子多田親愛宇野芳翠沖六鵬小野

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android