コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野鵞堂 おのがどう

5件 の用語解説(小野鵞堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野鵞堂
おのがどう

[生]文久2(1862).2.11. 駿河,藤枝
[没]1922.12.6. 東京
書家。本名,かん之助。号は鵝堂とも書く。 15歳で上京,大蔵省書記をつとめ,成瀬大域について漢学,書道を学ぶ。書はかなに力を注ぎ,鵞堂流を完成。東宮職御用係,女子学習院教授をつとめ,鵞堂塾 (斯華会) を開き,和様書道の振興に尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おの‐がどう〔をのガダウ〕【小野鵞堂】

[1862~1922]書家。静岡の生まれ。本名、鐗之助(かんのすけ)。和様の研究や書道の普及に努めた。特に、書の実用性と芸術性の融合を主張して、鵞堂流と称する独自の平明優美な書風を完成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野鵞堂 おの-がどう

1862-1922 明治-大正時代の書家。
文久2年2月12日生まれ。成瀬大域(たいいき)に漢学と書道をまなぶ。斯華(このはな)会をおこし,通信教育によって鵞堂流をひろめた。明治24年華族女学校(現学習院)教授。33年東宮御用掛。大正11年12月7日死去。61歳。駿河(するが)(静岡県)出身。名は鐗之助(かんのすけ)。字(あざな)は間金。別号に斯華廼舎(このはなのや)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おのがどう【小野鵞堂】

1862‐1922(文久2‐大正11)
書家。静岡県藤枝に生まれる。本名は之助。成瀬大域に書を,恩田豹隠に漢学を学び,さらに上代様を研究し,平明でわかりやすい漢字,仮名の調書体を創始した。東宮職御用係,女子学習院教授を歴任。斯華会を主宰して書の普及に努め,その書は〈鵞堂流〉と世に喧伝された。明治~大正期の教育書道における功績を高く評価されている。【角井 博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野鵞堂
おのがどう
(1862―1922)

明治・大正の書家。駿河(するが)国(静岡県)藤枝の武芸師範、小野清右衛門成命の男。名は之助(かんのすけ)。字(あざな)は間金(まがね)。鵞堂はその号。斯華廼舎(このはなのや)、二柳居主人の別号もある。少年のころ父と死別、上京して大蔵省の書記となり、家計を支えるとともに、苦学が結実してついに一家をなした。1890年(明治23)に『古今集序』を出版、翌年に華族女学校(後の女子学習院)に奉職して以来30余年間、終生精勤した。その間、明治・大正の上代様仮名復興の基盤となった難波津会(なにわづかい)(1890結成)に多田親愛(ただしんあい)、大口周魚(おおぐちしゅうぎょ)らとともに加わって活躍、自らは斯華会(このはなかい)を創設して書道興隆に努めた。その書風は古法帖(こほうじょう)、古筆などを独学した流麗平明な独自のもので、鵞堂流の名で喧伝(けんでん)された。[古谷 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野鵞堂の関連キーワード水野疎梅会沢信彦大津康佐瀬酔梅宗般玄芳田中不二広田守信本田退菴三好芳石若林快雪

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone