コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村東蔵(2代) なかむら とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村東蔵(2代) なかむら-とうぞう

1777-1816 江戸時代後期の歌舞伎役者。
安永6年生まれ。初代中村東蔵(2代中村歌右衛門)の子。大坂の宮地芝居で修業。寛政10年父の死後,2代水木東蔵を襲名。3代中村歌右衛門に入門,文化5年中村歌五郎をあらため2代東蔵を襲名。道外(どうけ)がかった敵役を得意とした。文化13年7月8日死去。40歳。初名は水木音蔵。俳名は十暁,芝楽。屋号は蛭子(えびす)屋,山城屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村東蔵(2代)の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村シェリダンマリア1世マリア[1世]バイロンズーフハーキマー沼波弄山

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone