コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村東蔵(2代) なかむら とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村東蔵(2代) なかむら-とうぞう

1777-1816 江戸時代後期の歌舞伎役者。
安永6年生まれ。初代中村東蔵(2代中村歌右衛門)の子。大坂の宮地芝居で修業。寛政10年父の死後,2代水木東蔵を襲名。3代中村歌右衛門に入門,文化5年中村歌五郎をあらため2代東蔵を襲名。道外(どうけ)がかった敵役を得意とした。文化13年7月8日死去。40歳。初名は水木音蔵。俳名は十暁,芝楽。屋号蛭子(えびす)屋,山城屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村東蔵(2代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android