コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛭子/水蛭子 ヒルコ

大辞林 第三版の解説

ひるこ【蛭子】

記紀神話で、伊弉諾命いざなきのみことと伊弉冉命いざなみのみことの子とされる。古事記では伊弉諾・伊弉冉が日本の国土を生み成す際、国土とは認定し得ぬ子、日本書紀では統治者の資格を欠く子としてそれぞれ位置づけられる。中世以降、恵比須えびすとして尊崇された。ひるのこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛭子/水蛭子の関連キーワード与謝野町立古墳公園はにわ資料館恵比須・恵比寿・夷・戎・蛭子恵比須大黒・夷大黒・蛭子大黒兵庫県神戸市兵庫区西柳原町京都府与謝郡与謝野町加悦京都府与謝郡与謝野町明石中村歌右衛門(2代)第7蛭子丸沈没事故十日戎・十日恵比須岩手県盛岡市材木町中村東蔵(2代)嵐かのふ(初代)増山金八(初代)嵐音八(2代)嵐音八(3代)島田八郎左衛門蛭ヶ谷の田遊び嵐音八(初代)葦舟・葦船加藤 信義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android