コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村武志 なかむら たけし

2件 の用語解説(中村武志の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村武志 なかむら-たけし

1909-1992 昭和後期-平成時代の小説家。
明治42年1月15日生まれ。東京鉄道局(旧国鉄)にはいり社内報「国鉄」を編集するかたわら,内田百閒(ひゃっけん)に師事する。みずからサラリーマン生活をえがいた目白三平シリーズで人気をあつめた。昭和39年の退職後,東京間借人協会会長。平成4年12月11日死去。83歳。長野県出身。法大高等師範部卒。作品に「男の立場」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村武志
なかむらたけし
(1909―1992)

小説家、随筆家。長野県生まれ。1932年(昭和7)法政大学高等師範部を卒業。1926年(大正15)日本国有鉄道(国鉄)本社に入社し、1946年社内報『国鉄』創刊の編集責任者になる。そのかたわら内田百(ひゃっけん)に師事し小説を執筆。サラリーマンと作家の二足の草鞋(わらじ)を履きながら、1953年『目白三平の生活と意見』を発表して注目される。1955年『目白三平物語』を発表、目白三平シリーズが都会のサラリーマンの共感をよんだ。1964年定年退職して文筆生活に入る。1972年『目白三平の列島改造批判』、1977年『目白三平イチャモン帖』、1982年『百鬼園先生故郷へ帰る』などを発表。1966年東京間借人協会長、1969年全国サラリーマン同盟代表委員を務めて社会活動を行う。1972年衆議院選挙に立候補して落選。著書に目白三平もののほか、『ふだん着のパリ』など。平成4年12月11日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村武志の言及

【三等重役】より

…52年東宝で映画化。またこの小説のユーモアは中村武志(1909‐92)の目白三平物に受け継がれ,アイロニーは深められて山口瞳(1926‐95)の江分利満氏物へと展開する。《三等重役》は,戦前のユーモア小説の流れをくみながら,戦後の給与所得層の生活と心情を描いたサラリーマン小説の原点にあたる。…

※「中村武志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村武志の関連キーワード大薗卓篠原健治諏訪優辻隆津田秀夫中島源太郎沼正作原田鋼河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村武志の関連情報