コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村清太郎 なかむら せいたろう

1件 の用語解説(中村清太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村清太郎 なかむら-せいたろう

1888-1967 明治-昭和時代の登山家,画家。
明治21年4月30日生まれ。本郷絵画研究所などで絵をまなぶ。明治40年日本山岳会に入会。小島烏水(うすい)らとの赤石山脈(南アルプス)初縦走や聖岳(ひじりだけ)などの初登山で知られる。昭和11年足立源一郎らと日本山岳画協会を設立。おおくの山岳画や「山岳渇仰」などの著作がある。昭和42年12月20日死去。79歳。東京出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村清太郎の関連キーワード尾関広加賀正太郎川崎隆章黒田孝雄小林黎子佐伯平蔵平賀文男本多月光松井憲三安川茂雄