コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村清太郎 なかむら せいたろう

1件 の用語解説(中村清太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村清太郎 なかむら-せいたろう

1888-1967 明治-昭和時代の登山家,画家。
明治21年4月30日生まれ。本郷絵画研究所などで絵をまなぶ。明治40年日本山岳会に入会。小島烏水(うすい)らとの赤石山脈(南アルプス)初縦走や聖岳(ひじりだけ)などの初登山で知られる。昭和11年足立源一郎らと日本山岳画協会を設立。おおくの山岳画や「山岳渇仰」などの著作がある。昭和42年12月20日死去。79歳。東京出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村清太郎の関連キーワードウィルヘルムブルガリア文学ヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型アジアカップ恵庭事件北欧映画ウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone