コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島烏水 こじまうすい

7件 の用語解説(小島烏水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小島烏水
こじまうすい

[生]1873.12.29. 高松
[没]1948.12.13.
紀行文学者,登山家。本名,久太。横浜商業学校卒業。横浜正金銀行に勤務のかたわら,1897年から『少年文庫』の後身の文芸誌『文庫』の編集,執筆に参画,また『扇頭小景』 (1899) ,『日本アルプス』 (4巻,1910~15) を書き,山の紀行文学者として活躍,日本山岳会の創立発起人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじま‐うすい【小島烏水】

[1873~1948]登山家・随筆家。香川の生まれ。本名、久太。日本山岳会創立発起人で初代会長。山岳紀行に新生面を開いた。著「山の風流武者」「日本アルプス」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小島烏水【こじまうすい】

登山家,紀行文家。日本登山界の先達。本名久太。高松生れ。横浜商業卒。志賀重昂の《日本風景論》(1894年)に触発され,日本アルプスに登山。1905年ウェストンの勧めにより日本山岳会を創立し,初代会長となる。
→関連項目上高地サトー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島烏水 こじま-うすい

1873-1948 明治-昭和時代の登山家。
明治6年12月29日生まれ。志賀重昂(しげたか)の「日本風景論」の影響をうけ,明治35年槍ケ岳にのぼる。ウェストンのすすめで38年武田久吉らと山岳会を設立,昭和6年後身の日本山岳会初代会長。「浮世絵と風景画」など浮世絵に関する著作もおおい。横浜正金銀行勤務。昭和23年12月13日死去。76歳。香川県出身。横浜商業卒。本名は久太。著作に「日本アルプス」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こじまうすい【小島烏水】

1873‐1948(明治6‐昭和23)
登山家,紀行文家。本名久太。高松出身。横浜商業学校卒業後,横浜正金銀行入社。志賀重昂の《日本風景論》に触発され,岡野金次郎らと乗鞍岳槍ヶ岳などに登った。この間,雑誌《文庫》の編集にもかかわる。イギリス人宣教師ウェストンのすすめをうけて,1905年10月武田久吉らとともに山岳会(後の日本山岳会)を創立。その機関誌《山岳》に多くの論文,紀行文を残す。1915‐27年アメリカに滞在,カスケード,シエラ・ネバダの山々に登った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こじまうすい【小島烏水】

1873~1948) 日本近代登山の先駆者。高松生まれ。ウェストンの示唆を受け日本山岳会を創設、初代会長を務める。著「日本アルプス」「山の風流使者」「アルピニストの手記」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小島烏水
こじまうすい
(1873―1948)

登山家、美術研究家。本名久太。高松(香川県)に生まれる。横浜商業学校卒業後、横浜正金銀行に勤務するかたわら『文庫』に「一葉女史」その他の評論を発表、山県悌三郎(やまがたていざぶろう)により同誌の記者に推輓(すいばん)され、文芸批評に健筆を振るってその全盛時代を築く。志賀重昂(しげたか)の『日本風景論』の影響下にあって探検時代の日本アルプスに登り、山岳紀行、山岳研究に新生面を開いた。1905年(明治38)イギリス人宣教師W・ウェストンの示唆を得て日本山岳会を創立、初代会長を務めた。1915年以後11年余、転勤先のアメリカ西海岸にあってシエラ・ネバダ、カスケード山脈に足跡をしるした。黎明(れいめい)期の登山界において先駆的役割を果たし、広重(ひろしげ)、北斎(ほくさい)に関する美術研究にも多くの業績を残した。主著『日本アルプス』全4巻(1910~15)、『氷河と万年雪の山』(1929)、『アルピニストの手記』(1936)、『浮世絵と風景画』(1914)。[近藤信行]
『『小島烏水全集』14巻・別巻1(1979~87・大修館書店) ▽近藤信行著『小島烏水――山の風流使者伝』(1978・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小島烏水の言及

【登山】より

… 日本で近代登山の風潮が芽生えたのは,1894年地理学者志賀重昂が《日本風景論》を書き,〈登山の気風を作興すべし〉と説いたこと,また1888年に来日したイギリス人宣教師W.ウェストンの働きであった。小島烏水は1902年槍ヶ岳に登り,下山後ウェストンの著《日本アルプスの登山と探検》(1896)を読んで感激し,ウェストンと会い,武田久吉らとも協力して1905年に初めての登山団体として日本山岳会をつくった。明治末期から大正初期は日本アルプスの探検時代といわれ,主要な峰の登山が盛んに行われた。…

【日本アルプス】より

…中部地方にある三つの急峻な山脈,北アルプス(飛驒山脈),中央アルプス(木曾山脈),南アルプス(赤石山脈)を合わせた名称。アルプスの呼称はヨーロッパ・アルプスにちなむもので,イギリスの鉱山技師ゴーランドWilliam Gowlandが《日本案内》(1881)に用いたのが始まりであるが,この呼称を有名にしたのは宣教師で登山家であったW.ウェストンと,明治の登山家小島烏水(うすい)の功績に帰する。ウェストンは1896年に《日本アルプスの登山と探検》をロンドンで出版して,日本アルプスを世界に紹介し,その森林美と渓谷美をたたえた。…

※「小島烏水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小島烏水の関連キーワード紀行文学アルピニスト冠松次郎紀行紀行文行文岡田喜秋加藤文太郎小林黎子安川茂雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小島烏水の関連情報