コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖岳 ひじりだけ

6件 の用語解説(聖岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖岳
ひじりだけ

長野県南部の飯田市静岡県中部の静岡市との境にある山。赤石山脈の主峰の一つ。県境の前聖岳 (3013m) と静岡県側の奥聖岳 (2978m) の2峰からなる。北側と西側は深い急崖をなす。高山植物チョウノスケソウ (長之助草) の南限。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひじり‐だけ【聖岳】

静岡・長野の県境、赤石山脈南部にある山。二峰からなり、東峰を奥聖岳(標高2982メートル)、西峰を前聖岳(標高3013メートル)という。長野県では、西沢山と呼ばれる南アルプス国立公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

聖岳【ひじりだけ】

長野県,静岡県の境にある山。前聖岳(3013m)と奥聖岳(2978m)からなる。前聖岳は南アルプスの3000m以上の山の中では一番南に位置する。西斜面は赤石山脈有数の大崩壊地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひじりだけ【聖岳】

赤石山脈で最南の3000m峰。長野・静岡県境に位置し,標高3011m。長野県側では遠山川の支流西沢の源頭に当たっているため,西沢山と呼んでいたようである。西峰,東峰の2峰からなり,5万分の1地形図では西峰を前聖岳(3011m),東峰を奥聖岳(2978m)としているが,一般的には西峰を聖岳と呼んでいる。肩を張り,堂々たる風格をもつ山であるが,遠山川源流の西斜面は赤石山脈有数の大崩壊地をなし,北斜面の赤石沢,南斜面の聖沢などの浸食谷は深く,険しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県(長野県)〕聖岳(ひじりだけ)


静岡・長野県境に延びる赤石(あかいし)山脈(南アルプス)の一峰。標高3013m。前聖岳・奥聖岳の東西2峰からなり、狭義には西側の県境に位置する日本最南の3000m級峰である前聖岳をさす。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。南側稜線(りょうせん)上の薊畑(あざみばたけ)・聖平(ひじりだいら)には多種の高山植物が繁茂。南アルプス国立公園南部の一中心。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖岳
ひじりだけ

静岡・長野県境にある山。標高3013メートル。赤石(あかいし)山脈(南アルプス)南部にあり、日本最南部の3000メートルを超える山として知られる。南アルプス国立公園内にあり、頂上一帯から西側は特別保護地区。長野県では遠山(とおやま)川支流の西沢の源流にあたるところから西沢山とよばれる。東西二峰からなり、東峰を奥聖岳(2978メートル)、西峰を前聖岳(3013メートル)とも称する。登山は聖沢に沿うルート(静岡県側)や、西沢渡からの尾根伝いのルート(長野県側)などがある。標準的な日程は3泊4日を要する。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖岳の関連情報