中村甚哉(読み)なかむら じんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村甚哉 なかむら-じんや

1903-1945 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治36年1月2日生まれ。大正11年奈良県水平社にくわわる。昭和3年京都の伏見工兵隊に入隊,脱営して戦争反対を軍服姿でうったえ,投獄される。20年徴用された舞鶴海軍工廠(しょう)から脱走して逮捕され,8月20日獄死。43歳。奈良県出身。本名は福麿(よしまる)。僧名は甚哉(じんさい)。
【格言など】兵士にも選挙権を! 戦争反対!(労働農民党の総選挙批判演説会で)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android