コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村西渓 なかむら せいけい

1件 の用語解説(中村西渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村西渓 なかむら-せいけい

1792-1845 江戸時代後期の画家。
寛政4年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の造り酒屋生まれる。京都四条派の画家松村景文(けいぶん)にまなび,景文門下四渓のひとりとなる。花鳥画を得意とし,虫の画にすぐれた。のち故郷でおおくの門弟をそだてた。弘化(こうか)2年3月18日死去。54歳。名は元矩。字(あざな)は子文。通称は伊助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村西渓の関連キーワード宋紫岡田中日華小倉東渓小田昂斎木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄館霞舫村梅岳