コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村西渓 なかむら せいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村西渓 なかむら-せいけい

1792-1845 江戸時代後期の画家。
寛政4年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の造り酒屋に生まれる。京都四条派の画家松村景文(けいぶん)にまなび,景文門下四渓のひとりとなる。花鳥画を得意とし,虫の画にすぐれた。のち故郷でおおくの門弟をそだてた。弘化(こうか)2年3月18日死去。54歳。名は元矩。字(あざな)は子文。通称は伊助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村西渓の関連キーワードマルクス経済学石井庄助ラ・マルセイエーズ雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火コシチューシコ州兵ルイ16世アルフィエーリ雲仙岳カラムジン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android