中村重助(4代)(読み)なかむら じゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村重助(4代) なかむら-じゅうすけ

1807-1841 江戸時代後期の歌舞伎作者。
文化4年生まれ。4代中村七三郎の子。5代中村伝次郎をつぎ舞踊志賀山流の家元となるが,作者に転じ文政5年4代をつぐ。天保(てんぽう)4年江戸中村座の立作者(たてさくしゃ)となり,のち市村座にうつる。10年ごろ十助と改名。天保12年7月29日死去。35歳。江戸出身。俳名は故一。作品に「戌歳里見八熟梅(あたりどしさとみのやつふさ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android