コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中林竹渓 なかばやし ちくけい

3件 の用語解説(中林竹渓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中林竹渓

江戸後期の画家。京都生。竹洞の長子。名は成業、字は紹文、号は臥河居士。父竹洞に画を学び、のち山本梅逸に師事した。写実に優れ、25才の時京都に家門を開く。吉田公均日根野対山とも親交した。慶応3年(1867)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中林竹渓 なかばやし-ちくけい

1816-1867 幕末の画家。
文化13年生まれ。中林竹洞(ちくとう)の長男。父にまなび,のち山本梅逸(ばいいつ)にあずけられる。写生を主とした洋画風をとりいれた。奇行でも知られた。慶応3年4月22日死去。52歳。名は成業。字(あざな)は紹文。通称は金吾。別号に臥河居士。作品に「中林竹渓先生四季十二景」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中林竹渓

没年:慶応3.4.22(1867.5.25)
生年:文化13(1816)
幕末の南画家。中林竹洞の子。名古屋生まれ。父や山本梅逸に絵を学ぶが,より写生的で,筆法も鋭い。人となり狷介で,座右に武器をおき,晩年には虚無僧となって世を韜晦した。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中林竹渓の言及

【中林竹洞】より

…江戸時代後期の尾張南画を代表する文人画家。名は成昌,字は伯明,通称大助竹洞のほか筆樵,融斎,痴翁などとも号した。父は名古屋の産科医玄棟。幼少から絵を好み,14歳で山田宮常の門に入って絵を学び,のち古画収集家であった豪商神谷天遊に従い,神谷宅に寄寓していた山本梅逸らと山水画はじめ古今の名画を模写して修業した。1795年(寛政7)天遊のもとを離れ,やがて京都に上って元・明代の絵画に触れ,また古社寺を巡って作風を形成し,山水画に長じた。…

※「中林竹渓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中林竹渓の関連キーワード高橋在靖竹内清秀林其山村上華雲福島栄春藤田羅漢斎藤一蒲佐々木大寿岸誠沖冠岳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone