コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中林竹渓 なかばやし ちくけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中林竹渓 なかばやし-ちくけい

1816-1867 幕末の画家。
文化13年生まれ。中林竹洞(ちくとう)の長男。父にまなび,のち山本梅逸(ばいいつ)にあずけられる。写生を主とした洋画風をとりいれた。奇行でも知られた。慶応3年4月22日死去。52歳。名は成業。字(あざな)は紹文。通称は金吾別号に臥河居士。作品に「中林竹渓先生四季十二景」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中林竹渓

没年:慶応3.4.22(1867.5.25)
生年:文化13(1816)
幕末の南画家。中林竹洞の子。名古屋生まれ。父や山本梅逸に絵を学ぶが,より写生的で,筆法も鋭い。人となり狷介で,座右に武器をおき,晩年には虚無僧となって世を韜晦した。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の中林竹渓の言及

【中林竹洞】より

…江戸時代後期の尾張南画を代表する文人画家。名は成昌,字は伯明,通称大助竹洞のほか筆樵,融斎,痴翁などとも号した。父は名古屋の産科医玄棟。幼少から絵を好み,14歳で山田宮常の門に入って絵を学び,のち古画収集家であった豪商神谷天遊に従い,神谷宅に寄寓していた山本梅逸らと山水画はじめ古今の名画を模写して修業した。1795年(寛政7)天遊のもとを離れ,やがて京都に上って元・明代の絵画に触れ,また古社寺を巡って作風を形成し,山水画に長じた。…

※「中林竹渓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中林竹渓の関連キーワード磯部百鱗没年

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android