コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成業 ジョウゴウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ごう〔ジヤウゴフ〕【成業】

学業などをなしとげること。せいぎょう。
律令制で、大学寮の学生がその課程を終え、試験に合格すること。得業。

せい‐ぎょう〔‐ゲフ〕【成業】

[名](スル)
学問や事業などを成し遂げること。
「最早学問も―したるが故に」〈福沢学問のすゝめ
奈良・平安時代、官吏登用の課程を踏み、秀才進士明経(みょうぎょう)明法(みょうぼう)などの試験に合格し、官職任用の資格を得ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうごう【成業】

学業や事業をなしとげること。せいぎょう。
律令制下、大学寮の学生がくしようが最終試験に合格すること。得業。

せいぎょう【成業】

( 名 ) スル
学業・事業などをなしとげること。 「洋学は-したれども/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

成業の関連キーワード鉄道建設・運輸施設整備支援機構日本私立学校振興・共済事業団昭和システムエンジニアリング日本スポーツ振興センター職業能力開発総合大学校工業所有権情報・研修館雇用・能力開発機構認定司法書士制度環境再生保全機構雇用調整助成金レアルシューレE. ラモット学問ノススメ上田作之丞葛生[町]公認会計士平安時代住宅産業塩事業法八年研究

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android