金吾(読み)キンゴ

  • 金×吾

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (金革(きんかく)でふせぐ意) 漢代、宮門の警衛をつかさどった武官。執金吾(しつきんご)。〔新板職原抄大全(1659)〕〔王建‐宮詞一百首・其八九〕
② (①より) 左右の衛門府(えもんふ)の唐名。また、衛門督(えもんのかみ)、佐(すけ)などの総称。
※菅家文草(900頃)一・奉和執金吾相公弾琴之什「見説秋堂事、金吾撫玉琴

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android