中津文彦(読み)なかつ ふみひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中津文彦 なかつ-ふみひこ

1941-2012 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和16年12月23日生まれ。岩手日報社にはいる。昭和57年平泉での藤原氏滅亡を題材にした「黄金流砂」で江戸川乱歩賞をうけ,のち退職し執筆に専念。ほかに「伊達騒動殺人事件」「闇の本能寺」などがある。平成24年4月24日死去。70歳。岩手県出身。学習院大卒。本名は広嶼文彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android