コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中瀬適叟 なかせ てきそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中瀬適叟 なかせ-てきそう

1716-1800 江戸時代中期-後期の造園家。
享保(きょうほう)元年生まれ。中国から渡来したシャクヤクをはじめて園芸用に栽培したといわれる。寛政12年7月10日死去。85歳。肥後(熊本県)出身。名は長徳。通称は助之進。別号白蝶

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中瀬適叟の関連キーワード享保

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android