中田 ダイマル(読み)ナカタ ダイマル

  • 中田 ダイマル (なかた だいまる)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の漫才師



生年
大正2(1913)年12月14日

没年
昭和57(1982)年9月5日

出生地
兵庫県川辺郡小田村金楽寺

本名
中田 勇夫(ナカタ イサオ)

別名
コンビ名=ダイマル・ラケット(ダイマルラケット)

学歴〔年〕
小田尋常高小〔大正12年〕中退

経歴
18歳のとき芸能界に入ったあと漫才に転じ、昭和16年に実弟の中田ラケットとコンビ、ダイマル・ラケットを組んで戦後の上方漫才界を風靡。32年からは民放テレビで「いうてみてみ」「なんじゃとて」といった流行語を次々に作り出したが、42年にテレビの「スチャラカ社員」が終わるまでの10年間が全盛時代だった。没後の平成9年“上方演芸の殿堂”入りを果たした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
漫才師

本名
中田 勇夫(ナカタ イサオ)

グループ名
コンビ名=ダイマル・ラケット(ダイマルラケット)

生年月日
大正2年 12月14日

出生地
兵庫県 川辺郡小田村金楽寺(尼崎市)

学歴
小田尋常高小〔大正12年〕中退

経歴
18歳のとき芸能界に入ったあと漫才に転じ、昭和16年に実弟の中田ラケットとコンビ、ダイマル・ラケットを組んで戦後の上方漫才界を風靡。32年からは民放テレビで「いうてみてみ」「なんじゃとて」といった流行語を次々に作り出したが、42年にテレビの「スチャラカ社員」が終わるまでの10年間が全盛時代だった。没後の平成9年“上方演芸の殿堂”入りを果たした。

没年月日
昭和57年 9月5日 (1982年)

家族
弟=中田 ラケット(漫才師),妻=中田 和子,娘=中田 ナナ(漫才師),中田 真理亜(演歌歌手)

伝記
決定版 上方芸能列伝惜別 お笑い人米朝・上岡が語る昭和上方漫才談志百選上方芸能列伝地球の上に朝がくる地球の上に朝がくる―懐かしの演芸館 澤田 隆治 著相羽 秋夫 著桂 米朝,上岡 龍太郎 著立川 談志 著,山藤 章二 画澤田 隆治 著池内 紀 著池内 紀 著(発行元 筑摩書房東方出版朝日新聞社講談社文芸春秋筑摩書房河出書房新社 ’07’01’00’00’93’92’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1913年12月14日
昭和時代の漫才師
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中田 ダイマルの関連情報