コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中田錦吉 なかだ きんきち

2件 の用語解説(中田錦吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中田錦吉 なかだ-きんきち

1865*-1926 明治-大正時代の裁判官,実業家。
元治(げんじ)元年12月9日生まれ。司法省にはいり,横浜始審裁判所判事,東京控訴院部長を歴任。明治33年住友本店にはいり,別子(べっし)鉱業所支配人,のち本店理事。大正11年住友合資総理事となった。大正15年2月20日死去。63歳。出羽(でわ)大館(秋田県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中田錦吉

没年:昭和1.2.20(1926)
生年:元治1.12.9(1865.1.6)
明治大正期の官吏・実業家,住友財閥の4代総理事。秋田県大館町(大館市)の佐竹藩士中田太郎蔵の次男で,明治23(1890)年帝国大学法律学科を卒業。同年横浜始審裁判所判事となり,東京控訴院部長まで進んだが,33年退官し住友本店に入る。35~41年まで別子鉱業所支配人を務め,36年には本店理事となった。大正10(1921)年合資会社改組に際し業務執行社員として尽力。同年5月常務理事となり,翌11年12月に4代住友総理事に就任した。その間,明治42年欧米の商工業を視察,次いで銀行,製鋼所,電線など連系各社の取締役を兼務。総理事就任後は,金融店部の展開や本社ビル建築に尽力し,大正12年住友ビルデイング,倉庫を設立。14年には信託を設立し,日之出生命を経営(翌15年住友生命と改称)。同13年自ら社員55歳,重役60歳の定年制を敷き,14年10月これに従い3年を経ずして総理事を引退。元法律家らしい引き際であった。<参考文献>川田順『住友回想記』,大阪市編『東区史』5巻

(末岡照啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中田錦吉の関連キーワード岩崎小弥太住友財閥伊庭貞剛大海原尚義小野金六末光源蔵古田俊之助若尾民造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone