中番(読み)なかばん

精選版 日本国語大辞典「中番」の解説

なか‐ばん【中番】

〘名〙
に設けられる辻番に対して辻と辻との中間にある所。また、そこに詰める番人
※禁令考‐前集・第四・巻三一・寛文六年(1666)三月一〇日「町中中番之者指置、火之用心之儀念を入」
② 一日の勤務、作業などが交替制で行なわれる場合の、中ほどの番。
※銀座細見(1931)〈安藤更生〉八「女給の勤務時間には、早番、遅番の二種がある。別に中番(ナカバン)といふのを置く店もある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中番の言及

【川柳】より

…〈川柳〉の名称が一般化したのは明治の中ごろからである。 初代川柳は選句の基準として3分野を設定し,〈高番(こうばん)〉(古事,時代事),〈中番(なかばん)〉(生活句),〈末番(すえばん)〉(恋句,世話事,売色,下女)に分けており,以後,代々の川柳もこれを踏襲している。まさに〈人の挙動(ふるまい),心のよしあし,尊卑の人情,上下の人心の有様,其外,世の事情をざれ句にいへるもの〉(《塵塚談》)であって,世態人情を軽妙にうがち諷する詩風を樹立したが,初代の死と寛政改革とが重なって打撃をうける。…

※「中番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android