コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣俊嶺 なかとみ しゅんれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣俊嶺 なかとみ-しゅんれい

1810-1888 江戸後期-明治時代の僧,歌人。
文化7年1月生まれ。浄土真宗本願寺派。15歳で出家,高倉学寮や高野山などで諸学をまなんだ。福井の自坊順教寺に私塾護法学寮をもうけ後進をそだてる。文久2年司教,明治17年勧学。佐々木景欽(けいきん)の門下で和歌をよくした。明治21年12月13日死去。79歳。越前(福井県)出身。号は余輝道人。著作に「因明三十三過作法筆記」,家集に「椎(しい)の舎(や)集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中臣俊嶺の関連キーワード明治時代梅原融

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android