コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣国 なかとみの くに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣国 なかとみの-くに

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人,官吏。
中臣国足(くにたり)の父。中臣弥気(みけ)の弟。「日本書紀」によれば,推古天皇31年(623)新羅(しらぎ)が任那(みまな)を討ったので,新羅を討ち任那を百済(くだら)につけるべきだと天皇にのべ,大将軍として数万の軍をひきいて朝鮮半島にわたると新羅は服したという。名は国子,国形,国巣子ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中臣国の関連キーワード中臣意美麻呂中臣国足藤原並藤河辺禰受中臣武人官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android