中西君尾(読み)なかにし きみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西君尾 なかにし-きみお

1844-1918 幕末の芸妓(げいぎ)。
弘化(こうか)元年生まれ。丹波船井郡(京都府)の人。文久元年18歳で京都祇園(ぎおん)の座敷にでる。高杉晋作(しんさく),井上馨(かおる)らに目をかけられ,「勤王芸者」とよばれる。品川弥二郎(やじろう)との子,巴を生んだ。大正7年2月17日死去。75歳。本名はきみ。
【格言など】白梅でちよと一杯や死出の旅(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android