白梅(読み)シラウメ

デジタル大辞泉の解説

しら‐うめ【白梅】

白色の花をつける梅。はくばい。 春》「―に明る夜ばかりとなりにけり/蕪村
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は紅。11月から2月まで用いる。ひとえうめ。

はく‐ばい【白梅】

白い花を咲かせる梅。また、白い梅の花。しらうめ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

白梅

大蔵省専売局が1905年に発売した刻みたばこの銘柄。同年発売の官製刻みたばこ7銘柄の中で2番目に高い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しらうめ【白梅】

白い花が咲く梅。はくばい。
かさねの色目の名。「裏梅」に同じ。

はくばい【白梅】

白い梅の花。しらうめ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐うめ【白梅】

〘名〙
① 白い花が咲く梅。白い梅の花。はくばい。
俳諧猿蓑(1691)四「灰捨て白梅うるむ垣ねかな〈凡兆〉」
② 襲(かさね)の色目。表は白で裏は紅のもの。一一月から二月まで用いる。ひとえうめ。うらうめ。

はく‐ばい【白梅】

〘名〙
① 花の色が白い梅。白い花を咲かす梅。また、その花。しらうめ。《・春》 〔尺素往来(1439‐64)〕 〔蘇軾‐自広陵召還詩〕
② 香木の名。分類は真南蛮(まなばん)。香味は辛酸。六十一種名香の一つ。
※建部隆勝香之筆記(香道秘伝所収)(1573)「白梅(ハクバイ)、上々真那斑に御座候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白梅の言及

【ウメ(梅)】より

…熟れかけの実を籠に盛り,煙突の煙でいぶして薫製にしたものを〈烏梅〉として薬用にする。青梅は塩漬にした後に日に乾かしたものを〈白梅〉または〈梅脯(ばいほ)〉という。日本の梅干しに近い。…

※「白梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白梅の関連情報