コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中谷市左衛門 なかたに いちざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中谷市左衛門 なかたに-いちざえもん

1785-1856 江戸時代後期の武士。
天明5年生まれ。中谷正亮(しょうすけ)の父。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。毛利斉元(なりもと)・斉広(なりとお)・敬親(たかちか)の3代の藩主につかえる。天保(てんぽう)の改革では村田清風をたすけて藩政改革の方針案をたてる。のち藩校明倫館再興用掛となった。安政3年7月死去。72歳。名は章貞(あきさだ)。通称は別に幸右衛門,忠兵衛。号は静心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中谷市左衛門の関連キーワードベルトレ川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android