コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中里太郎右衛門(12代) なかざと たろうえもん

1件 の用語解説(中里太郎右衛門(12代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中里太郎右衛門(12代) なかざと-たろうえもん

1895-1985 大正-昭和時代の陶芸家。
明治28年4月11日生まれ。昭和2年12代をつぐ。唐津(からつ)古窯跡の調査をおこない,古唐津の技法を研究,復興につとめる。40年唐津焼初期の割竹式登り窯を復元した。44年出家し無庵と名のる。51年人間国宝。昭和60年1月5日死去。89歳。佐賀県出身。有田工業卒。幼名は重雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中里太郎右衛門(12代)の関連キーワード深刻小説日清戦争朝鮮映画皮革工業松竹(株)観念小説文芸倶楽部指紋押捺制度世界女性会議グロムイコ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone