中野 四郎(読み)ナカノ シロウ

20世紀日本人名事典の解説

中野 四郎
ナカノ シロウ

昭和期の彫刻家 創型会代表。



生年
明治34(1901)年11月15日

没年
昭和43(1968)年2月13日

出生地
山口県下関市

学歴〔年〕
東京美術学校彫刻科〔昭和3年〕卒

経歴
昭和3年から帝展、文展に10数回入選。16年以降、文展無鑑査となって官展系の中堅作家として活躍。一方、6年木彫の研究団体、九元社を結成、中心的メンバーとして毎年同展に作品を発表。26年戦時中解散した九元社の会員有志とともに創型会を結成、27年より毎年彫刻単一公募団体展を開く。主にセメントを駆使してバロック風の堅実な造型に特色を示した。埼玉大学美術科講師、星美短大教授も務めた。

中野 四郎
ナカノ シロウ

昭和期の政治家 衆院議員(自民党);元・国士庁長官。



生年
明治40(1907)年1月25日

没年
昭和60(1985)年10月21日

出生地
愛知県

学歴〔年〕
豊山中中退

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章

経歴
東京市議などを経て、昭和21年4月の戦後初の総選挙で政界入り、愛知4区から当選13回(落選中の31年から33年まで愛知碧南市長)。大平内閣で国土庁長官を務めたほか、衆院予算委員長、自民党国対委員長、党総務副会長などを歴任。衆院公職選挙法改正調査特別委員長として定数是正問題に取り組んでいた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

中野 四郎
ナカノ シロウ


肩書
衆院議員(自民党),元・国士庁長官

生年月日
明治40年1月25日

出生地
愛知県

学歴
豊山中中退

経歴
東京市議などを経て、昭和21年4月の戦後初の総選挙で政界入り、愛知4区から当選13回(落選中の31年から33年まで愛知碧南市長)。大平内閣で国土庁長官を務めたほか、衆院予算委員長、自民党国対委員長、党総務副会長などを歴任。衆院公職選挙法改正調査特別委員長として定数是正問題に取り組んでいた。

受賞
勲一等旭日大綬章

没年月日
昭和60年10月21日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中野 四郎の関連情報