コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野孝一 なかの こういち

1件 の用語解説(中野孝一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野孝一 なかの-こういち

1947- 昭和後期-平成時代の漆芸家。
昭和22年6月16日生まれ。大場松魚(しょうぎょ)に師事して蒔絵(まきえ)をまなび,高蒔絵の技法を特色とする。昭和46年「蒔絵やぶでまり箱」で日本伝統工芸展初入選・日本工芸会会長賞。48年日本工芸会正会員。61年「蒔絵箱 秋野」で日本伝統工芸展朝日新聞社賞。62年「蒔絵栗鼠文小箪笥(りすもんこだんす)」で日本伝統工芸展高松宮記念賞。平成元年MOA岡田茂吉賞工芸部門優秀賞。10年日本工芸会理事。22年蒔絵で人間国宝。石川県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中野孝一の関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中野孝一の関連情報