コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高蒔絵 たかまきえ

4件 の用語解説(高蒔絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高蒔絵
たかまきえ

蒔絵技法の一種。漆下地の上に高蒔漆 (透明漆に油煙,ベンガラ,石黄などを大量に混ぜたもの) で肉盛 (ししも) りし,その上に平蒔絵を施したもの。鎌倉時代に始ったが,室町時代には錆漆を用いた錆上 (さびあげ) 蒔絵も考案された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たか‐まきえ〔‐まきヱ〕【高×蒔絵】

蒔絵の技法の一。模様の部分を肉上げし、その上に蒔絵を施したもの。鎌倉中期に始まる。→平蒔絵(ひらまきえ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高蒔絵【たかまきえ】

蒔絵の一技法。漆で肉を盛り上げた上に平蒔絵を施すもの。鎌倉時代から行われ,室町時代には,生漆に砥粉(とのこ)を混ぜた〈錆(さび)〉で盛り上げる錆上げ高蒔絵が発達した。
→関連項目研出蒔絵蒔絵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たかまきえ【高蒔絵】

蒔絵の一。地盛りをした上に蒔絵を施したもの。漆だけで盛り上げる方法や、漆の上に炭粉を蒔きつけてさらに高く盛り上げる方法などがある。 ↔ 平蒔絵

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の高蒔絵の言及

【蒔絵】より

…薄く肉付けされた文様部分を地蒔と同時に研ぐところに特徴があり,高度の熟練が要求される。高蒔絵に近い技法で,室町時代に創案されたといわれる。研切は漆で絵を描いた後,炭粉と銀粉を適当に混じたものを蒔いて濃淡をつける。…

※「高蒔絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高蒔絵の関連情報