コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間省略登記 ちゅうかんしょうりゃくとうき

2件 の用語解説(中間省略登記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間省略登記
ちゅうかんしょうりゃくとうき

権利変動の登記で,中間の変動過程を省略した登記。たとえば甲→乙→丙と所有権が移転しているのに,甲から直接丙に所有権移転の登記をしたような場合である。公示制度としての登記はできるかぎり正確に権利変動の過程を記す必要があるという立場からいえば,中間省略登記は無効ということになるが,判例は中間者の同意があれば中間省略登記も許され,さらに場合によっては,丙から直接甲に対しての登記請求も肯定されるという立場をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

中間省略登記

たとえば、甲→乙→丙と順次に所有権が移転しているにもかかわらず、中間者乙への所有権移転登記を省略して、甲から丙へ直接所有権移転登記がなされた場合のこと。つまり、中間省略登記は実体的権利変動の過程とは異なった登記がされている。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中間省略登記の関連キーワード社会変動登記済証省文変動利付国債日間変動日周変動権利証(登記済権利証)権利の登記平均変動率乱れの強さ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone