コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登録免許税 とうろくめんきょぜい

11件 の用語解説(登録免許税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

登録免許税
とうろくめんきょぜい

国税の一種で,登録,特許,免許,許可,認可,指定および技能証明を受ける場合に課税される租税である。登録免許税法 (昭和 42年法律 35号) による。登録免許税納税義務者不動産の登記,会社の商業登記,人の資格の登録を受ける者などで,課税標準および税率は登記,登録などの区分に応じそれぞれ定められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

登録免許税

登記、登録、特許、免許、許可、認可、指定・技能証明について登記などを受ける場合に課される税。例えば、不動産の登記(不動産購入の際、不動産に関する権利関係を社会に公示するため登記簿に記載すること)や会社の商業登記、人の資格の登録・免許・認可など。1896年に日清戦争の戦費調達措置の1つとして創設された登録税が前身。1949年に課税対象を登記、登録だけでなく、特許、免許などに拡大して改称した。課税標準や税率は各登記の区分によってそれぞれ定められている。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうろくめんきょ‐ぜい【登録免許税】

不動産・船舶や航空機著作権特許権意匠権弁護士や医師の資格などを登記または登録するときに課される国税。登録税。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

登録免許税【とうろくめんきょぜい】

登録免許税法(1967年)に基づき,所定の登記・登録・特許・免許・許可・認可・指定・技能証明を受ける者が納めなければならない国税。流通税の一種。税率は種別ごとに異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

登録免許税

土地や建物を取得したときの所有権移転登記、建物を建築したときの所有権保存登記ローンを組んだときの抵当権設定登記などを行った場合にかかる税金。一定条件に適合した場合は軽減措置が適用される。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

登録免許税

「登録免許税」は、不動産、船舶、会社、人の資格などについての登記や登録、特許、免許、許可、認可、指定および技能証明について課税される国税です。納税義務者は、登記や登録等を受ける者です。
不動産の取引においては、新築住宅を購入する際の所有権保存登記、中古住宅を購入する際の所有権移転登記、住宅ローンを借りる際の抵当権設定登記などがあります。登録免許税の税率は、登記の目的によって異なります。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

登録免許税

住宅を新築したり購入したときの土地や建物の登記、ローンの借り入れの際に抵当権の登記にかかる国税。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうろくめんきょぜい【登録免許税】

財産権の得喪変更に関する登記および登録ならびに一定の人的資格の取得または事業の開始等についての登録,特許,免許,許可,指定および技能証明(以下〈登記等〉という)を受けることにつき,これらの行為の背後にある担税力に着目して課される国税で,流通税といわれることが多い。登記等の際に納付しなければならないので手数料ではないかという見方もあるが,必要な実費を償うために徴収される手数料とは本来性格を異にする。1896年に登録税として創設,1967年に新たに事業免許等も課税対象とされ,名称も登録免許税となった(登録免許税法)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうろくめんきょぜい【登録免許税】

特定の登記・登録・特許・免許・許可・認可・指定・技能証明について課される税。1967年(昭和42)制定の登録免許税法による。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

とうろくめんきょぜい【登録免許税】

法律で定められた登記・登録・特許・免許などの取得の際に課される国税。不動産・抵当権の登記、事業・財団などの認可・登録、弁護士・会計士などの免許取得・資格登録などを対象とする。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

登録免許税
とうろくめんきょぜい

登録免許税法(昭和42年法律35号)に基づいて登記または登録の際に課される国税。手数料に類似した性質を有するが、権利の価格やその得喪・変更の原因いかんによって税額や税率を異にすることからもわかるように、財産または権利の変動に担税力を認めて課される一種の流通税である。登録免許税の前身は1896年(明治29)に制定された登録税法によって設けられた登録税であり、1967年(昭和42)に登録税法が全文改正されて新しい登録免許税法が施行された。
 納税義務者は登記などを受ける者で、おもな課税物件は、不動産や工場財団などの登記、船舶や航空機の登録、商業登記および法人登記、著作権または出版権の登録、特許権・意匠権・実用新案権または商標権の登録、鉱業権や漁業権の登録、弁護士・医師など人の資格の登録である。課税標準は、不動産のように価額の場合と、人の資格の登録のように件数の場合とがある。税率は前者の場合には価額の一定率であり、後者の場合には一件当りの一定額である。納付は原則として現金納付であるが、税額が3万円以下などの場合は印紙納付も認められる。なお、政策的見地から、租税特別措置法によって、個人の新築住宅の登記の税率軽減措置など、多くの軽減、免除が行われている。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の登録免許税の言及

【登記料】より

…登記料とは,土地を買ったり家を建てたりした場合,法務局へ登記しなければならないが,その登記手続に要する司法書士への報酬,登録免許税などの費用を総称する通称である。買主が完全な所有権を取得できるようにするのが売主の義務だとすると,これらいわゆる登記料は,売買契約上の売主側の債務の履行に要する費用であるが,取引の実際においては,登記料とくに登録免許税は買主の負担とする旨の特約が普通であり,それはほぼ慣習法化している。…

【土地問題】より

…また土地租税には,土地の売買によって実現するキャピタル・ゲイン(資産の値上がり利益)の一部を公共に還元させることによって所得の再分配を進める機能もある。租税は一般的に所得税,流通税,財産税に分類されるが,日本の現行の土地租税には譲渡所得税(所得税),不動産取得税・登録免許税(流通税),固定資産税・都市計画税・特別土地保有税・相続税・譲与税および新設の地価税(1992年施行)(財産税)などがある。これらのうち財産税は,土地を所有することに対して,その土地の市場価格に一定率を乗じた額を課税するものであり,土地所有者はこの税がかけられると税負担に耐えるために土地を手放すか,あるいはみずから土地の有効な利用を進めなければならなくなるから,いずれにしても土地市場における供給促進の効果が期待できる。…

【流通税】より

…この形態の税の多くは手数料から発展した。 流通税の例としては,印紙税(印紙),登録免許税,有価証券取引税,取引高税,付加価値税,とん税,特別とん税などがある。印紙税は,財産権の取得や喪失,契約の締結などに関連して発行される特定の証書や帳簿などに課される税であり,手形,有価証券,商品券などの文書に課税され,印紙,証紙の形で徴収される。…

※「登録免許税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

登録免許税の関連キーワード課税標準財産権登記不動産登記漁業登録権利証登記法予備登記立木法表示に関する登記

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登録免許税の関連情報