コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中露関係 ちゅうろかんけいSino-Russian relations

1件 の用語解説(中露関係の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中露関係
ちゅうろかんけい
Sino-Russian relations

1989年5月中ソ首脳会談が 30年ぶりに実現して,両国の関係が正常化された。もともとは同じイデオロギーを掲げる両国だけに,50年代には中国が対ソ一辺倒を表明する密接な同盟関係にあった。だが,50年代末には早くも関係が悪化し,60年代に入ると,中国はスターリン批判を行なったソ連を「修正主義」と断罪した。 69年には中ソ国境で武力衝突が生じ,70年代には米中が接近したことから,中国にとってソ連は最大の敵とされた。 76年に毛沢東が死去したため,ソ連は中国へ関係改善のシグナルを送るようになり,中国も非毛沢東化を進めるなかで,ソ連への態度を見直すようになった。 80年代には,両国とも国内経済の悪化に悩み,膨大な軍事予算を割いてまで対立している余裕を失い,実務レベルでの交渉を行なうようになった。 89年の首脳会談を契機に,中ソ2国間のみならずアジア全体の緊張緩和が一段と進む見通しが持てるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中露関係の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成金星探査機台湾映画竹下登内閣地理教育天安門事件

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中露関係の関連情報