丹羽 兵助(読み)ニワ ヒョウスケ

20世紀日本人名事典の解説

丹羽 兵助
ニワ ヒョウスケ

昭和・平成期の政治家 衆院議員(自民党);元・労相。



生年
明治44(1911)年5月15日

没年
平成2(1990)年11月2日

出生地
愛知県東春井郡守山町(現・名古屋市守山区)

学歴〔年〕
関西学院大学神学部〔昭和6年〕中退

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和63年〕

経歴
父親が急死したため、大学を中退して家業の建築請負業を継ぐ。その後運送業「東春運輸」を設立、社長。昭和15年愛知県守山町議、26年愛知県議などを歴任後、30年以来衆院に12選。郵政、農林政務次官等を経て、49年第2次田中第2回改造内閣国土庁長官、57年中曽根内閣総務長官、63年竹下改造内閣労相に就任。河本派。平成2年10月陸上自衛隊守山駐屯地の記念式典に出席の折暴漢に襲われ、12日後に死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

丹羽 兵助
ニワ ヒョウスケ


肩書
衆院議員(自民党),元・労相

生年月日
明治44年5月15日

出生地
愛知県東春井郡守山町(現・名古屋市守山区)

学歴
関西学院大学神学部〔昭和6年〕中退

経歴
父親が急死したため、大学を中退して家業の建築請負業を継ぐ。その後運送業「東春運輸」を設立、社長。昭和15年愛知県守山町議、26年愛知県議などを歴任後、30年以来衆院に12選。郵政、農林政務次官等を経て、49年第2次田中第2回改造内閣国土庁長官、57年中曽根内閣総務長官、63年竹下改造内閣労相に就任。河本派。平成2年10月陸上自衛隊守山駐屯地の記念式典に出席の折暴漢に襲われ、12日後に死去。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和63年〕

趣味
旅行 読書

没年月日
平成2年11月2日

家族
弟=丹羽 久章(政治家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

丹羽 兵助 (にわ ひょうすけ)

生年月日:1911年5月15日
昭和時代の政治家。衆議院議員(自民党);労相
1990年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる