コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽桃渓 にわ とうけい

1件 の用語解説(丹羽桃渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽桃渓 にわ-とうけい

1760-1822 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦10年生まれ。大坂の人。蔀(しとみ)関月にまなび,絵本や狂歌本の挿絵をおおくえがいた。鉄格子(てつごうし)波丸の門人で狂歌もよくした。文政5年10月15日死去。63歳。名は元国。字(あざな)は伯照。通称は大黒屋喜兵衛。別号に靖中庵,桃渓山人。作品に「怪談弁妄録」「皷銅(こどう)図録」の挿絵など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丹羽桃渓の関連キーワード山県周南前古典派音楽都一中(5代)都太夫一中一中節都太夫一中柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone