コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹那断層 タンナダンソウ

デジタル大辞泉の解説

たんな‐だんそう【丹那断層】

静岡県東部函南(かんなみ)町から伊豆市まで、約30キロメートルにわたる活断層。700年から1000年周期で大地震が起こると考えられている。昭和5年(1930)11月26日の北伊豆地震の際に、最大3.3メートルの横ずれが生じた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹那断層
たんなだんそう

神奈川県の芦ノ湖(あしのこ)付近から静岡県函南(かんなみ)町丹那を経て伊豆(いず)市北部付近に至る、長さ約30キロメートルの左横ずれ活断層。狭義には、このうち丹那付近の約7キロメートルの区間をさす。1930年(昭和5)の北伊豆地震(マグニチュード7.3)の際に活動し、最大左横ずれ約3.5メートルの地表変位が生じた。また、当時地下約160メートルで建設中であった東海道本線丹那トンネルの坑道も約2.7メートル横ずれしたため、現在のトンネルにはわずかな屈曲区間が残っている。[金田平太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丹那断層の言及

【丹那盆地】より

…狩野(かの)川支流の柿沢川が盆地を貫いて西流し,現在では盆地内は水田化している。丹那盆地を有名にしたのは1930年の北伊豆地震で,その際盆地を南北に横切る丹那断層が活動し,東側が北方に,西側が南方に動く左横ずれの変位を生じた。盆地南端では2.6mの水平ずれを示す水路や石垣跡が残され,35年に国の天然記念物の指定をうけている。…

※「丹那断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

丹那断層の関連キーワード静岡県田方郡函南町丹那丹那トンネル函南(町)地震断層久野久函南町玄岳