コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹那断層 タンナダンソウ

2件 の用語解説(丹那断層の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんな‐だんそう【丹那断層】

静岡県東部函南(かんなみ)町から伊豆市まで、約30キロメートルにわたる活断層。700年から1000年周期で大地震が起こると考えられている。昭和5年(1930)11月26日の北伊豆地震の際に、最大3.3メートル横ずれが生じた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹那断層
たんなだんそう

神奈川県の芦ノ湖(あしのこ)付近から静岡県函南(かんなみ)町丹那を経て伊豆(いず)市北部付近に至る、長さ約30キロメートルの左横ずれ活断層。狭義には、このうち丹那付近の約7キロメートルの区間をさす。1930年(昭和5)の北伊豆地震(マグニチュード7.3)の際に活動し、最大左横ずれ約3.5メートルの地表変位が生じた。また、当時地下約160メートルで建設中であった東海道本線丹那トンネルの坑道も約2.7メートル横ずれしたため、現在のトンネルにはわずかな屈曲区間が残っている。[金田平太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丹那断層の言及

【丹那盆地】より

…狩野(かの)川支流の柿沢川が盆地を貫いて西流し,現在では盆地内は水田化している。丹那盆地を有名にしたのは1930年の北伊豆地震で,その際盆地を南北に横切る丹那断層が活動し,東側が北方に,西側が南方に動く左横ずれの変位を生じた。盆地南端では2.6mの水平ずれを示す水路や石垣跡が残され,35年に国の天然記念物の指定をうけている。…

※「丹那断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹那断層の関連キーワード静岡県伊豆市大沢静岡県伊豆市大野静岡県伊豆市柏久保静岡県伊豆市佐野静岡県伊豆市城静岡県伊豆市田代静岡県伊豆市土肥静岡県伊豆市日向静岡県伊豆市宮上静岡県伊豆市吉奈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹那断層の関連情報