コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北伊豆地震 キタイズジシン

3件 の用語解説(北伊豆地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたいず‐じしん〔きたいづヂシン〕【北伊豆地震】

昭和5年(1930)11月26日、静岡県東部を中心に起きた大地震。マグニチュード7.3。死者272名、全壊家屋2165戸に達し、丹那断層が出現した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北伊豆地震

1930年11月26日午前4時2分、函南町の丹那盆地地下を震源として発生。マグニチュード7・3の内陸直下型地震で、震源の深さは0~5キロ。震源に近い三島市では震度6を記録した。被害は県東部の函南町から現在の伊豆市、神奈川県にも及び、6千戸超の家屋が全半壊した。早朝ということもあり、火災はほとんど発生しなかったが、山間部では多数の山崩れ、がけ崩れが起きた。

(2010-11-21 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北伊豆地震
きたいずじしん

1930年(昭和5)11月26日4時03分ごろ、伊豆半島北部に発生した地震。規模はM7.3。この年2月から5月にかけて伊東沖では地震が群発(伊東における有感地震は3915回)した。北伊豆地震では丹那(たんな)断層が出現し、丹那トンネル内で2.7メートルの横ずれがみつかった。伊豆から遠く離れた近畿および北関東では地鳴りが聞こえ、また各地で、地震の前日の夕方5時ごろから発光現象が観察された。被害は伊豆半島北部に集中し、死者約272人、全壊家屋は約2150戸に達した。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北伊豆地震の言及

【地震】より

…1944年の東南海地震(M7.9)と1946年の南海道地震(M8.0)もこの例であるが,このときは南海トラフの東端(駿河トラフと呼ばれる)までは震源域が広がらず,駿河湾から御前崎沖にかけては,安政地震以後破壊せず残っているものと考えられる。内陸部から日本海岸沖合にかけても,M7前後の大地震による災害が比較的多く,昭和年代にも1927年丹後地震(M7.3),1930年北伊豆地震(M7.3),1945年三河地震(M6.8),1948年福井地震(M7.1),1964年新潟地震(M7.5)などが数えられる。特に岐阜県とその周辺は745年(天平17)の天平地震,1586年(天正14)の天正地震,1891年濃尾地震(M8.0)のようにM8前後の巨大地震も起こる。…

【丹那盆地】より

…狩野(かの)川支流の柿沢川が盆地を貫いて西流し,現在では盆地内は水田化している。丹那盆地を有名にしたのは1930年の北伊豆地震で,その際盆地を南北に横切る丹那断層が活動し,東側が北方に,西側が南方に動く左横ずれの変位を生じた。盆地南端では2.6mの水平ずれを示す水路や石垣跡が残され,35年に国の天然記念物の指定をうけている。…

※「北伊豆地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北伊豆地震の関連キーワード五夜四時東北空襲名古屋刑務所の革手錠事件多部制の定時制高校岩美駅空襲ミス・ビードル号久留米競輪場熊本大空襲ニュージーランド南部地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北伊豆地震の関連情報